ネム(NEM)はビットフライヤー(bitFlyer)で取引ができるようになる?

Pocket

2017年に急上昇したアルトコインの一つネム(NEM)ですが、国内最大級の仮想通貨取引所であるビットフライヤー(bitFlyer)ではまだ取引ができないようです。そこでいつ頃取引ができるようになるのか、またネム(NEM)の扱いがある取引所はどこなのか調べてみました。

ネム(NEM)のビットフライヤー上場とは?

新規で取引所に新しく扱える仮想通貨が増えると、その仮想通貨が「上場」したと表現されます。
2018年1月にはビットフライヤーの代表取締役である加納さんが1月中に新規上場する銘柄があるとつぶやいたことで話題になりました。


この新規上場銘柄の有力候補にネム(NEM)が入っており同じく2017年急上昇したリップル等も候補に入っていますが、なぜ話題になっているかというと
ビットフライヤーに新規上場するとその銘柄の価格が上昇するからだそうです。実際、ビットフライヤーに上場したモナコインは2017年年始は3円だったのが2017年10月に上場後一時は2000円まで上がるなど爆上がりをしました。
そのため、次に上場する仮想通貨は爆上がりする可能性が高い!と期待されておりみなさん注目されているということです。

ネム(NEM)の扱いがある取引所

そうはいっても仮にビットフライヤーに上場するとしてもその前にネム(NEM)を持っていないと爆上がりした波に乗れないですよね。
ビットフライヤーに上場しなくともネム(NEM)の扱いがある取引所はございますのでそちらからまずは買っておきましょう。
基本的に取引所のアカウント開設はオンラインで解決します。本人確認書類も郵送ではなく写メをとってアップロードでいいので
かなりやりやすいです。仮想通貨は伸び率が目覚ましいのでいつでも投資できる準備を整えておきましょう・

アルトコインの種類が豊富なコインチェック

現在Zaifは口座開設までかなり時間がかかっています。長いようだと1か月以上待たされるようです。。そこでおすすめなのがコインチェックです。
年末年始では出川さんのCMがかなり流れていたので名前をご存知の方も多いと思いますが、スプレッド(手数料)はZaifよりもかなり高くデイトレには向きませんが長期で保有するのであれば
今の仮想通貨の伸びしろを考えれば十分に回収が可能です。審査がすぐに終わることも嬉しいポイントです。
早めにネム(NEM)をもっておきたい方、それ以外の仮想通貨も購入を考えている方は必ずチェックをしておきましょう。

簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

新規参入のDMM Bitcoin

2018年より参入したDMM Bitcoinでもネム(NEM)の取り扱いができると発表がありました!
話題のリップルなどもあるのでこちらも注目ですね。DMM Bitcoinではリリース記念キャンペーンとして新規口座開設で
1,000円プレゼントを実施しています。期間は2018年1月11日(木)~2018年3月31日(土)ですので年度末までにはお申し込みを!
DMM Bitcoinの新規口座開設こちら

スプレッドが安いZaif

安く購入したい方にはZaifが圧倒的におすすめのようです。理由はシンプルでスプレッド(手数料)が圧倒的に安いからです。
株式投資やFXをやったことがある方であれば取引所の手数料はかなりこだわるところですよね。デイトレやる方にはかなり響いてきます。
CMでも話題の国内最大級の取引所「コインチェック」は5%以上ですがZaifは0.1%という破格の安さです。
Zaifは口座開設までの審査確認に現在かなり時間がかかっているようですが、申し込んでおいて損はないのでまずはZaifの口座開設を進めましょう。
Zaifの新規口座開設こちら

スポンサーリンク
    スポンサーリンク